福島での研修会と視察2016

 4/21-22にかけて全国若手市議会議員の会の研修・視察として、福島県郡山市と富岡町を訪問しました。震災後4回目の福島県訪問となりますが、今回初めて防護服を着て帰宅困難区域(放射線量が非常に高いレベルにあることから避難を求めている区域)に入ることになりました。

1. いわき明星大学・高木竜輔准教授の講演

 「東日本大震災の社会学-震災5年目の課題-」というテーマでいわき明星大学・高木竜輔准教授にご講演頂きました。高木先生は社会学者として原発被災地の自治体・避難者・商業者などへの聞き取り調査などに関わられています。
 2012年に避難指示解除となった広野町に事例をご紹介頂きました。震災当時の人口は約5400人、2016年2月現在で2420人の帰還者数となっており、避難指示解除から3年半が経っても多くの住民が帰っていません。一方、町内には原発復旧作業員が3500人から4000人生活しており、町内は原発事故の収束作業の拠点となっています。商業者の事業者再開状況は、建設業や飲食業で再開率が高いなど原発事故収束のための拠点になったことによる影響が大きく出ています。また、原発事故収束のための拠点になったことにより様々な問題も発生しており、震災前のまちに戻ることの難しさが浮き彫りになっています。住民が戻るには単独の自治体のみで考えるだけではなく、この地域の中心であった富岡町や浪江町の生活インフラ機能が戻る必要があり広域で考える必要があるとのことでした。
 「地域社会が壊れるのは一瞬であるが、再生には非常に時間がかかる。」

2. 富岡町菅野利行産業振興課長の講演

 「富岡町の役割と復興への軌跡」というテーマで、 福島県富岡町の菅野利行産業振興課長のご講演頂きました。富岡町は福島第2原理力発電所(爆発しなかった方)が立地するまちです。現在も全町避難中で県内県外に避難者が分散しています。また、富岡町では一つの自治体の市街地の中に、帰宅困難区域(原則立ち入り禁止、震災前人口約3割)・居住制限区域・避難指示解除準備区域(立ち入りはできるが夜間宿泊は禁止)という3区域すべてを抱えており、区域の違いが賠償・補償の違いになるため、区域の設定という政策自体が地域コミュニティの分断を生んでしまっています。
 町民にとっての生活再建や帰還の考え方は、それぞれの立場や家族の状況によって大きく異なっているとのことで、現在の復興計画では、帰還する第1の道、帰還しない第2の道の二者択一ではなく、今は判断できない・判断しないという第3の道を含め、町民のあらゆる選択肢を尊重することが示されています。
 ちなみに、震災から5年が経過し、当時幹部職員として対応にあたった職員はかなり退職しているということで、紙に残らないような経験の部分は徐々に分からなくなっていくところがあるようです。

3. 富岡町視察

郡山から磐越道、常磐道を通って、富岡町へ。原発の立地する福島県双葉郡の主要道路である常磐道と国道6号線も昨年から全線開通しています。ただし、帰宅困難区域を通過中は途中で降りることはできません。


帰宅困難区域内にあるJR常磐線の夜ノ森駅。周辺は区画整理された住宅街などもあり、多くの住民が住んでいた地区ですが、住民は帰還できない地区ということになります。空間線量で2.5マイクロシーベルト毎時、土の上で13マイクロシーベルト毎時(年間換算で50ミリシーベルトを軽く超えてます)ほどですので、私が過去に視察した地域の中でも最も高い線量を示しています。


防護服はこんな感じですが、地面に触った部分をちゃんと処理して持ち出さないことが大事です。


帰宅困難区域と居住制限区域の境ですが、住宅街の中の4mほどの道路です。地区の境で区切られるようにある程度のバッファーを取っているとのことです。この道路を挟んで隣の家と避難区域が分かれるというのが話を非常に難しくしています。


3.11の午前中に卒業式があり、その直後に避難所になり、翌12日には原発事故により町外に避難することになった富岡第2中学校の体育館です。当時の状況そのままに残っていました。避難解除された場合でも、学校の再開は、児童・生徒数の状況を見てからになるため、当面は他のまちの学校に通学することになるとのことです。


富岡町役場。復興に向けて一部の部署が役場隣の保健センターに入っています。
原発立地自治体ということもあるかと思いますが、立派な役場や公共の建物が建っています。


奥に見える煙突が福島第2原発です(外部電源がかろうじて生き残り爆発しませんでした)帰宅困難区域立ち入り後のスクリーニングは福島第2原発で受けましたが、原発敷地内は撮影禁止でした。

2年前の浪江町を視察したときと比較すると、道路の補修がなされ、街路樹の枝木が払われ、田畑の雑草も草刈りされるなど、除染作業が大きく進んでいるように見受けられました。家屋にはまだまだ地震の影響が見えますが、外から見る限りでは普通のまちに見えてしまうほどです。しかしながら、一度除染した地区でも線量が下がらないケースや、家屋の雨漏りなどで実際には住めないケースなどもあり、家屋を解体する解体除染という方法も取っているとのことでした。
上下水道のインフラ復旧、復興中核拠点の整備と、避難解除後の帰還に向け、着々と取り組んでおられますが、住民がどの程度戻るかは分からない部分があります。これは人によって帰還に対する考え方に大きな違いがあり、また、将来のまちの状況がどのように変化するのか分からない部分が多いということだと思います。

改めて現地を見てみますと、当たり前なのですが、同じ原発災害の被災地と言っても、自治体毎に全く事情が違いますし、自治体の中でも地域によって大きく状況が異なります。更に、その地域に住んでいる住民それぞれが様々な考え方を持っており、基礎自治体が自由度を持って政策をつくっていかなければいけないことの重要性を改めて感じることとなりました。

 

会津ではないので八重の桜ではありませんが、磐越道から見えたさくらです。
避難区域以外は福島県浜通りも含めて福島の観光案内にさくらの名所などが掲載されていました。
東日本大震災から5年が経過し、我々の記憶も徐々に薄くなってしまっているところもありますが、長い目で復興を支援していくことも大事なのではないでしょうか。
岩手・宮城も含めて、東日本大震災の被災地と言われている地域に、観光で良いので、 是非一度、 足を運んでみることも良いのではないしょうか。
 

福島での研修会と視察

 7/13-15にかけて全国若手市議会議員の会の研修会として福島県を訪問しました。原発事故発生以降、昨年まで警戒区域として原則立入りが禁止されていた区域であった浪江町への視察も行うことができました。


○いわき市
 いわき市を訪問し、昨年市長に就任された清水敏男市長からお話を伺いました。清水市長は、全国若手市議会議員の会の設立メンバーで初代会長ということもあり、震災直後の様子など様々なお話を伺うことができました。
 いわき市は中心部である平地区が福島第一原発から40-50kmの距離であり、30km圏内に屋内退避指示が広がった時点で、多くの住民がいわき市から避難された。街はゴーストタウンのようになり、市長も死を覚悟されたというほどの緊迫感があったとのことです。
 当時福島県議であった清水市長は、出来る範囲で炊き出しや物資の配布などを行ったとのことですが、行政は非常時でも平等・公平の原則によって動きを止めてしまうことがあるためボランティアとの連携が重要である点や、また、現場の市町村と市町村を補完すべき県との連携が機能しづらい課題などを指摘されました。
 現在、いわき市には原発避難区域から2万4千人ほどの住民が避難しており、避難が長引いている現状では、避難されている方々と元々の住民との間で様々な軋轢が生じていることもあるとのことです。


○開沼博氏講演
 今回の研修内容の1つとして、原発事故以前の福島の状況を描いている「フクシマ論」の著者で現在、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員である開沼博氏に講演をお願いしました。なぜ地方が原発を受け入れるのかなど中央と地方の関係を上手く捉えておられ、是非一度お話を伺いたかった方です。
 事故以前の福島の原発周辺では、お土産として原子力最中があったりアトム○○というお店があったりなど原子力がブランドだったという事を当時の写真でご説明頂きました。また、中央からみると原発の推進も反対も他人事であったと言えるということです。
 今回の事故に関しても、世間は大騒ぎをしているが、一時期の狂騒が収まると結局は忘れていき、社会は変わらないという、忘却のループと社会の変わらなさというお話は非常に印象的でした。
 また、福島の復興に関しての話題では、生活・コミュニティは再建されておらず、ハード面の復興からソフトの復興となってきていることによる難しさ、科学的解決だけではなく不合理も理解する社会的解決が必要といった点についてもお話し頂きました。

2014-07-14 14.08.21.jpg
1950年代の新聞記事。原子力が夢のエネルギーの時代です。


○伊達市小国地区
 伊達市議会の菅野喜明議員に案内頂き、伊達市の小国地区を視察しました。伊達市の小国地区は、一昨年まで特定避難勧奨地点が指定されていた地区です。特定避難勧奨地点というのは、警戒区域以外においても放射線量の高い地域が存在することから住居単位で指定され、指定を受けると東電による補償や税制優遇措置が受けられるというものです。問題は住居単位で指定されるということで、同じ敷地の2世帯でも片方のみの指定となったり、三軒の並びで真ん中が指定されなかったりと選定基準がばらばらであったということです。このため人間関係が非常に難しくなり、地域においてお祭りができなくなるなど地域コミュニティが大きく損なわれたということでした。
 伊達市小国地区は原発から50-60km圏内ということで事故当初は全く放射能の問題は気にしていなかったそうです。今回、線量計を確認しながらの視察となりましたが、伊達市小国地区と浪江町の避難指示解除準備区域(原発から6km程度)の線量はほとんど変わらず、単純に距離の問題ではなく放射性物質がどのような方向に飛ぶかが問題であることを実感しました。

2014-07-15 07.56.48.jpg
伊達市内中心部での放射線量(車中)。単位はマイクロシーベルト毎時。札幌の7月の観測地は0.03〜0.07程度。


○浪江町
 原発は立地していませんが、原発事故により全町避難となったのが浪江町です。昨年、警戒区域の見直しが行われ、現在は、早期帰還に向け復旧や除染事業などの環境整備を行う避難指示解除準備区域、立入りは制限されないが不要不急の立入りはなるべく控える居住制限区域、立入りが制限され一時立入りの際は防護服やマスクが必要な帰還困難区域に再編されています。
 津波による被害も大きいものがありましたが、長らく立入りが制限されていたため、ガレキの処理や除染が現在進行形で進められています。
 震災以降、役場機能は内陸側の二本松市に移転しており、また、住民は全国各地に避難されているため、復興に向けた住民の意見集約などにも多大な苦労があるとのことでした。

2014-07-15 11.14.43.jpg
現在の浪江町役場。帰町準備室や復旧事業課などいくつかの部署が入っています。

2014-07-15 11.46.07.jpg
津波の被害を受けた浪江町請戸地区。
福島第一原子力発電所の排気筒が見える距離にあります。

2014-07-15 14.12.02.jpg
川俣町。町内至るところで除染作業中ののぼりが立っており、あちこちに黒い除染袋が積まれています。


 一連の視察を通して、原発事故というものが広大な範囲が立入りすらできなくなるという通常の災害とは全く違った形で影響を与えるものであるということ、見えない放射線量というものが大変やっかいなものであるということ、災害時及び復興時に地域コミュニティというのが大変重要であるということに改めて気づかされることとなりました。


災害ボランティア

 実質活動したのは3日と短い期間でしたが、7月の初めに岩手県と福島県に災害ボランティアに行ってきました。
 1個人としての参加でしたが、私の行ったボランティアセンターは十分に受け入れ態勢が整っており、どのような方でもボランティア活動に参加しやすくなっていました。

遠野市まごころネット
 岩手県の三陸沿岸から少し内陸に入った遠野市にあるボランティアの一大拠点です。遠野市民を中心に結成された団体で、全国から様々な団体が運営の支援に入っています。
 ここを拠点に釜石市、大船渡市、陸前高田市などの沿岸部にボランティアが派遣されています。
 全国の様々な団体がここを通してボランティアを派遣しているケースも多く、全国各地からたくさんのボランティアが集まっており、平日でも一日150人以上の方が参加されていました。また、施設内にある体育館で宿泊することができ、ボランティアが活動しやすいように、シャワーや洗濯機といったものも用意されています。
 私もこちらに2日間お世話になり、陸前高田市と大槌町でボランティアに参加しました。


遠野市まごころネットは遠野市の社会福祉協議会の建物に入っています。


その日の作業が張り出されており、希望を取ります。


出発前の光景。たくさんのボランティアが参加しています。

・陸前高田市
陸前高田では林の中にまで流れ着いたガレキの処理を行いました。
海岸から2−3km離れた場所でしたが、川に沿って津波が上がってきたとのことです。
水産加工工場から流れた出た秋刀魚が異臭を放ち、ガレキはいたるところに釘が出ており、なかなか厳しい環境での作業となりました。
70人くらいで作業をしましたが、周りを見渡すと手作業により撤去できたガレキはごく一部でした。

・大槌町
大槌町では市街地でヘドロの撤去を行ってきました。
既に震災から三ヶ月が経過し、表面はヘドロだかなんだか分からない様子でしたが、スコップで少し掘るとヘドロの異臭がたちこめてきました。
50人ほどでの作業でしたが、一連の作業の最終日ということもあり、最後に石灰を撒いてヘドロ撤去の作業を終えることができました。

 いずれのまちも津波の被害が非常に大きかったまちです。まちの中心部はほとんど津波で流されている状況でした。それでも日一日と復旧に向けた取り組みが進められている様子が見て取れました。

 ボランティアの拠点となっている遠野市は既に震災による影響は感じられない様子になっており、量販店などのお店も普通にやっています。
 北海道からは飛行機、電車、カーフェリーにせよ丸一日移動に掛かりますが、大掛かりな準備をしていかなくても現地で全て揃えることができます。個人参加の方でも非常にスムーズに受け入れをして頂けます。


南相馬市災害ボランティアセンター
 福島第一原発から20−30km圏内にある南相馬市原町地区のボランティアセンターです。社会福祉協議会が運営を行っています。
 原発から20kmの立ち入り禁止区域が目と鼻の先にも関わらず、こちらも多くのボランティアが参加されていました。私の参加した日は100人近くのボランティアがいましたが、主に首都圏からの参加者が多かったです。また、避難所にもなっている中学校の体育館が宿泊場所として提供されています。


こちらも社会福祉協議会の建物にあります。朝9時までに並べば参加できます。


初回ボランティアは事前に簡単な説明を受けます。熱中症が危ない季節です。


国道6号線。右奥に20匏の規制が張られていますが、左の食堂は普通に営業しておりお客さんもたくさん入っています。

・南相馬市
南相馬市では避難所の運営のお手伝いを行ってきました。
空気清浄機のフィルター掃除や、駐車場になっている校庭のグラウンド整備の作業でした。
非難されている方は随分と少なくなってきているようですが、中学校の1教室に数家族ずつ避難されていました。
わずか数時間の極々微力なお手伝いにも関わらず、避難所やボランティアセンターの皆様から感謝の言葉を頂き有難かったです。

 南相馬市は沿岸部の集落は津波の被害を受けていますが、中心部は海岸から離れているため影響を受けておりません。営業時間は短くなっているもののお店も普通にやっています。また、復旧作業関連の工事関係者も多く入っており、現地でものを揃えてボランティアに参加することも可能です。
 ボランティアは個人参加でも問題なく受け入れを行っていただけます。北海道から参加するのは若干距離がありますが、仙台空港からは車で1時間半程度の距離です。首都圏からは福島駅からバスが出ていますし、原発を迂回する形で福島経由で車で入ることも可能です。


 社会人だと時間、学生だとお金の問題がありますが、震災から時間が経過したこともあり、現地での活動は思っていた以上に気軽に参加できますので、夏休みに時間の取れる方は是非、自分の目で現地を見てこられることをお勧めしたいです。特に、遠野市と南相馬市は個人参加しやすいボランティアセンターだと思います。

 また、東北全体が震災の影響を受けているようなイメージを持っているところもありましたが、津波の被害のあったところ以外は問題なくまちが機能しています。
 ボランティア参加ではなく、東北に旅行をするだけでも、復興の一助になると思われますので、是非、今後の旅行先に東北をお考えいただきたいと思います。


※ カーフェリーで行きましたので、ボランティアセンターに入る前後の移動日は可能な限り沿岸部の様子を見て回りました。同じ津波でも三陸沿岸と仙台以南の平野部の被害の状況は異なりますし、まちによって被害の度合いも様々であり、一口に被災地という言葉で括れないものだと感じました。
 また、道が通れるということはガレキが撤去されているということですから、復旧は日々進んでおり、現地に入った時期によっても受け止め方は様々なものがあると思います。
 どのような形の復興を行うにせよ、そのまちそのまちで状況は異なりますし、現地のニーズは現地がもっとも良く分かっていると思いますので、現地の動きやすいようにバックアップするという事がやはり重要だと改めて認識しました。

※ ボランティア活動中の写真撮影は原則禁止されてますので、残念ながら活動中の写真はありません。また、津波の被害をうけたまちの様子は写真を撮る気持ちにはなれませんでした。


東北地方太平洋沖地震への支援(4/11時点)

がんばろう、東北・関東!!、がんばろう、日本!!

1. 市の動き
○消防関係
 道内の各自治体の消防が交代で派遣されています。江別市からもこれまで3回、救助隊を派遣しました。
○水道関係
 2回にわたり、下水道及び水道の技術職員を派遣しました。
○支援物資
 毛布、マスク、非常用備蓄食など市備蓄の物資が3/24に送られています。
○市立病院
 これまで2回にわたって医療スタッフを気仙沼市に派遣されています。
○市内住宅
 被災者受入のため市営住宅15戸と市内の道営住宅、UR住宅、雇用促進住宅が提供されており、一部で被災者の方の入居が始まっています。
○生活支援一時金の支給
 被災地から江別市へ避難してきた方々の生活支援のため、「生活支援一時金」が支給されることになりました。
○修学旅行先変更
 一部の中学校の修学旅行先が東京方面から関西に変更となっています。

その他の情報については市のホームページの被災地支援情報をご覧下さい。

2. 義援金
 どこに寄付をすれば有効に使われるのかという問い合わせを受けましたが、日本赤十字と赤い羽根共同募金が最も実績のある団体です。マスコミ等の義援金もこの2団体に集約されます。

日本赤十字
郵便振替
 口座番号:00140-8-507
 口座名義:日本赤十字社 東北関東大震災義援金
 ※郵便局窓口での取り扱いの場合、振替手数料は免除されます。
 ※郵便窓口でお受取りいただきました半券(受領証)は、大切に保管してください。
 ※通信欄にお名前、ご住所、お電話番号を記載してください。
ゆうちょ銀行 019支店 当座 0000507
 口座名義:日本赤十字社 東北関東大震災義援金
銀行振込
 三井住友銀行:銀座支店 (普)8047670
 三菱東京UFJ銀行:東京公務部 (普)0028706
 口座名義:日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)
クレジットカード、コンビニ支払
 赤十字のホームページから可能です。
 https://www2.0553.jp/jrc/payment/

窓口
日本赤十字社江別市地区事務局である江別市役所健康福祉部福祉課で受付をします。
市役所1Fには特設窓口がつくられました。

4/11現在、707件、約2300万円が集まっています。

募金箱(市内9箇所に設置されています)
 大麻出張所
 江別市保険センター
 江別市役所1階市民課窓口
 江別市役所地下売店
 江別市民会館
 江別市水道庁舎
 江別市土地改良区事務局
 江別市立病院
 江別市民会館レストラン マキシドルパ

・赤い羽根共同募金(北海道共同募金会中央共同募金会
東北関東大震災義援金

りそな銀行 東京公務部(295)
  普通預金 0036576 口座名義:社会福祉法人 中央共同募金会
三菱東京UFJ銀行 本店(001)
  普通預金 0031265 口座名義:社会福祉法人 中央共同募金会
三井住友銀行 東京公務部(096)
  普通預金 0155400 口座名義:社会福祉法人 中央共同募金会災害口
郵便振替
 口座番号 00170-6-518
 口座名義:中央共同募金会 東北関東大震災義援金

窓口での受付は江別市社会福祉協議会で可能です。

※ 寄付は継続した取り組みが必要です。是非、有る程度まとまった金額を継続して寄付願います。
※ 寄付金控除
 赤十字、共同募金の専用口座に支払った義援金は、所得税・住民税の寄付金控除の対象となります。窓口での領収書、郵便振替の受領証、銀行窓口の受領証に加え、ATMの振込票の控えも控除を受けるための証明書となります。

※ 義援金と支援金
 赤十字に集められた義援金は、都道府県単位で設置される「義援金配分委員会」を通じ、全額が被災者へ分配されますが、公平分配が原則のため、被害の全体像が分かっていないことなどから被災者に行き渡る目途が立っていないと報道されています。
 一方、NPOやボランティア団体の支援活動に対して直接寄付するのが支援金で、利用方法は各団体によって異なります。

3. ボランティア
 被災地での災害ボランティアセンターの設置が進んできており、県外から受け入れを行うところも増えてきました。
 しかし、現地では燃料・物資等が不足していることなどにより、県外からの受け入れをしているセンターでも、自力でセンターに来られる人、食事・水は自ら持参することを求めているところが多い状況です。
 一方、センターによっては受け入れ体制が整っていないところ、ボランティアが多く集まりすぎたところ、市町村内のボランティアで十分に対応できるところなど様々な状況になっています。
 全国社会福祉協議会地域福祉部全国ボランティア・市民活動振興センターが災害ボランティアに関する詳細な情報を日々更新しておりますので、現地に電話・メールするのではなく、是非、こちらで情報を確認頂きたいと思います。
 全国社会福祉協議会、被災地支援・ボランティア情報

4. 節電
 北海道電力からは海底ケーブルを通じて60万キロワットの電力を既に東北電力に送っています。既に海底ケーブルの容量が一杯のため、道内からはこれ以上の電力は送れず、残念ながら道民が節電をしても東北・関東の電力供給の手助けになるわけではありません。もちろん、節電それ自体が悪いということではありません。

5. 物資
 市でも市民の皆様から乳児用おむつ、大人用おむつ、おしり拭き、使い捨て食器、ビニルラップ、ペーパータオル、ボックスティッシュ、除菌用ウェットティッシュ、生理用品、軍手の各物資の提供を3/28から3/30まで受付し、151人・885点の提供がありました。今後、更なる物資提供の案内があり次第、再度ご連絡します。

 北海道庁でも以下の品目について個人からの物資提供を4/22まで受け付けています。
直接持ち込みは、道庁本庁舎1階ロビー西側で平日の9:00から17:00に受付。
郵送は、〒003-0030 札幌市白石区流通センター2丁目2-1 日本通運札幌団地倉庫A-10 救援物資センターまでとなります。

・食料品(賞味期限が3ヶ月以上のもののみ)
インスタントラーメン(一箱単位)
カップ麺(一箱単位)
缶詰(それぞれの型番で段ボール一箱単位)
粉ミルク(一缶単位)

・学用品(新品のみ)
ノート(一包み単位)
筆記具(シャープペン、ボールペン、鉛筆、一箱単位)
消しゴム(一箱単位)
絵本(1冊単位)


6. 献血
 
北海道赤十字血液センターのホームページで大通、新札幌などの献血場所、移動献血車が江別に来る日程、血液の在庫状況などが分かります。
 血液はたくさん集まりすぎても有効期限が過ぎて、廃棄さ
れてしまうので、状況を見て献血しましょう。


東北地方太平洋沖地震

  まだ被害の状況が明らかになっておりませんが、今回の地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

 大きな余震も続いておりますし、津波に対しての避難勧告・避難指示も出ておりますので、引き続き十分に警戒頂きたいと存じます。

 学生時代から馴染みの深い仙台や茨城県大洗、福島県いわき市小名浜の街が津波に襲われる映像を見て私自身大きなショックを受けております。
 救助救援活動に対する関係機関の努力に期待するとともに、できるだけ被害が少なくなることを祈っております。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
広告
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM