<< H25年6月議会(第二回定例会)最終日 | main | 職員給料減額のための臨時会の開催 >>

H25年7月の各常任委員会

 7/4,7/25,7/26に各常任委員会が開かれました。毎年、この時期に、学校や農作物の生育状況の調査が行われるものです。調査にあわせて、報告案件もありましたのでトピックをご報告します。


○総務文教常任委員会
1. 子どもの読書活動推進計画
 子どもの読書活動の推進に関する法律に基づき策定された計画で、H19からH25の第1期の期間が終了となり、H26からH30までの新たな計画が策定されます。
 第1期の期間では学校派遣司書の各学校への派遣が進み、学校図書館の蔵書整備などが進んできました。今後、学校派遣司書の派遣体制を継続的に整備していくための望ましい人員体制の検討を行っていく必要があるなどの課題があげられています。

2. 江別小学校・江別第三小学校統合校準備委員会の設置
 江別小、江別第三小の統合校の開校に向けた協議を進めるための準備委員会が5月に設置されました。
 両校の保護者代表、校長・教頭、校区の自治会長、学識経験者、教育委員会など16名で構成されています。今後、統合校の校名や設備、安全対策等について協議が行われていきます。


○生活福祉常任委員会
1. 保育園の整備
 つくし保育園はH26から民営化を行い、H28に東光保育園と統合し新しい園舎となる計画となっていますが、民営化のための運営事業者の募集が7/10より始まりました。民営化する際には引継ぎ期間として1年程度が確保されます。
 委託期間は1年となっておりますが、今回選定される運営事業者が民設民営による新園舎の整備・運営を進める方針となります。
 白樺保育園と若草乳児保育園は統合し、H29に公設公営の保育園として新しい園舎となる計画となっています。H26から設計が始まりますが、新園舎の用地として野幌住吉町の土地を取得する方針が示されました。


○経済建設常任委員会
1. 都市と農村交流拠点施設
 旧江北中学校跡地については、地域から食と農を主とした交流体験施設を整備する提言が出されており、都市と農村交流拠点施設の基本構想を策定するための検討会議が7月に設置されました。今後、都市と農村の交流のあり方や施設案がまとめられることとなります。

2. 鳥獣被害防止計画
 これまで江別市では鳥獣による農林水産業等にかかる被害の防止のための特別措置に関する法律に基づく鳥獣被害防止計画を立てておりませんでしたが、近年、シカによる被害なども出てきたことから、猟友会、JA道央、市などで構成される協議会を設置し、9月に向けて計画を策定していく方針が示されました。

3. 国営かんがい排水事業江別南幌地区調査
 江別太から南幌にかけて国営事業により整備された排水機場、排水路などの排水施設の再編・改修のための調査事業が来年度から実施されることが示されました。
 国営事業費は40億円と概算されており、調査・設計には4年程度の期間がかかる見込みになっています。地元の負担としても事業費の8%が必要とされるほか、国営事業に含まれない関連事業についても整備の必要性を判断していくこととなります。

4. 江別跨線人道橋
 現在工事が進んでいる江別駅横のこ線人道橋ですが、H25は階段部、橋梁下部などの工事を行い、H26年10月に供用開始予定となっています。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
岡英彦LINE@
友だち追加
岡英彦メルマガ
登録はこちら
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM