<< 札幌市の転入超過数 | main |

富山市議会の政務活動費(政活費)不正受給問題

9月に入ってから連日のように富山市議会の政務活動費(政活費)不正受給がニュースになっています。

9/15時点でこの問題に関連して辞職する議員が7人になるとのことで、議会の解散も検討されているとのことです。

 

政務活動費の不正受給は、号泣議員として全国ニュースになった元兵庫県議会議員の野々村氏のケース(※1)が記憶に新しいですが、残念ながらまたもやこの問題が大きなニュースになってしまいました。

 

【そもそも政務活動費って何なの?】
都道府県議会とほとんどの市議会では、「議員の調査研究、その他の活動に資するために必要な経費の一部として、議員に対して交付されるもの」として議員報酬とは別に政務活動費が支給されています。尚、町村議会では政務活動費がない議会が大半です。
支給額は、それぞれの議会によって異なり、最高額は東京都議会の月額60万円から、最低水準額は北海道三笠市の月額4200円など月額1万円未満が55市あります。毎年度、領収書を添付した収支報告書を提出する必要があります。
大まかな使途としては、視察のための交通宿泊費、研修会の開催費、広報誌の発行費、国などへ陳情に行く際の交通宿泊費、書籍などの資料購入費、会議費、事務費、事務所費、人件費などに使えます。
都道府県議会議員や政令市の市議会議員など支給額の大きな自治体の議員は事務所費・人件費などにあてる部分が多くなる一方、普通の市であれば視察のための費用が大半という議員も多いと思います(※2)。

 

【富山市議会での不正受給の手法】
報道されている内容によりますと、辞職した議員たちは、自らの市政報告会を開催する経費として資料代と茶菓子代を請求していましたが、実際には市政報告会を開催しておらず、領収書を偽造していたというものです。9月以降次々と問題が発生し、これまで7人に議員が辞職することになっています。不正受給の合計金額は正確には分かっていませんが、1000万円を超える数字も報道されています。

 

【なぜ、このような問題が起こるのか】
なぜチェックされないのかと疑問に思う方も多いと思います。
自治体の議会には議会事務局というものがあり職員が配置されていますが、議員から提出された収支報告書を受け取る際に、使途を間違えている・必要な領収書が添付されていないなどはチェック可能ですが、基本的には形式が整っていればその中身にまで立ち入ってチェックすることはありません。その部分は議員の裁量に任されているという判断になります。また、職員という立場上、議員をチェックするということ自体に難しいものがあります。

 

【不正防止のために何が必要か】
やはり先ずは情報の公開が重要でしょう。インターネット上でいつでも誰でも収支報告書と領収書をチェックできるようになれば、チェックの目が入りやすくなります。
また、教育も大切です。議員に対する教育というのはほとんど会派なり個人に任されている部分があり、政務活動費に対する理解のレベルも人それぞれになってしまっています。議員全体に対して不正防止のための教育をするという観点も重要だと思われます。
もう一点は、第三者機関によるチェックです。事務局職員でのチェックというのは限界がありますので、会計検査的なチェックを入れる必要があるのではないでしょうか。

 

※1 野々村氏の不正受給
元兵庫県議会議員の野々村竜太郎氏が2011年からの3年間で約900万円の政務活動費を不正受給した事件。架空の出張によるJR切符代の請求、クレジットカードの利用明細書を改ざんなどを行った。2016年に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が出ている。

 

※2
私が江別市議会議員だったときは、ほとんどを視察の費用と書籍の購入代に使っていました(江別市議会は月額1万5千円)。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
広告
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM