<< 市立病院経営問題 総合内科医を育てる病院へ | main | 市立病院経営問題 再び内科医不足へ >>

江別市、3年連続転入超過

2018年総務省住民基本台帳人口移動報告によると昨年の江別市の転入超過数は、
年少人口(0〜14歳)転入超過数 全国12位
0〜4歳人口転入超過数 道内1位

となりました。

 

江別の統計データの中で最近明らかに好調なものがこの転入超過数です。
2016年259人、2017年237人、2018年567人と3年連続で転入超過となっています。
特に2018年は前年比330人のプラスとなっており大幅増を記録しています。
※ 尚、江別市全体の人口としては自然減も多く2018年は昨年比8人の人口減となっております。2019年は更なる転入増が見込まれ人口増も予想されています。


■5歳階級別の2014年からの転入超過数の推移のグラフ

※ クリックして拡大


グラフを見ると2018年は20代以外の全ての年代で転入超過となったことが分かります。
昨年と比較して大きなプラスとなった要因は、0〜4歳代、15-19歳代、30代が大幅増、20代の転出超過幅が大きく減少したことがあげられます。

ここ数年、子育て世代が転入しているのは、比較的規模の大きな宅地造成が行われていることが一番大きな要因です。加えて、2016年度からスタートした最大50万円が補助される市の住宅取得支援事業補助金も効果が大きいと考えられます。
これから建設される住宅も多く2019年と恐らく2020年もこの傾向は続くと予想されます。

※ 江別は大学が多く立地しているので10代後半と20代前半の転入転出数のふり幅が大きくなっています。なぜ、ここまで年によって大きな差が出るのか明確な理由は分かりません。


■過去3年の人口増の町名ベスト5
1位 緑ヶ丘 312人 野幌駅南口から徒歩15分程度という好立地に大規模に造成されましたので納得の1位です。

2位 新栄台 201人 駅からは距離がありますが、まだ空いている土地もありジワジワと売れているようです。

3位 大麻泉町 163人 大麻駅と野幌駅のちょうど中間にあたる場所ですが、40区画ほどが直ぐに売れました。

4位 文京台東町 156人 文京台地区は学生用マンション・アパートも多く、学生の影響を除くとどうなるのか判断が難しいです。

5位 若草町 151人 過去3年では売却用の宅地が多く残っていたようには見えませんでしたが5位に入っています。

今年と来年は比較的大きな宅地造成が行われている野幌若葉町、大麻栄町、大麻北町がトップ3占めるのはほぼ確実です。


■今後の課題は?
ここ数年の動きを見ていると利便性の高い地区でまとまった宅地が造成されれば、まだまだ江別にも転入してくる余地があるということが証明されたと言えます。市内には比較的立地の良い場所でも、まだそれほど有効に利用されていない土地もあり、ある程度長いスパンで供給過剰にならない範囲で住宅地が造成されるような形をつくることが望ましいと思われます。
また、まとまった宅地造成だけに頼るのではなく、空き家となった住宅をスムーズに流通させる取り組みが益々重要になってきていると言えます。

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
岡英彦LINE@
友だち追加
岡英彦メルマガ
登録はこちら
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM