<< 議会運営に関する検討課題(2019-2021)その1 | main | 江別市立病院の役割とあり方を検討する委員会(第1回) >>

2019年(令和元年)7月の常任委員会

毎年この時期には、総務文教常任委員会の学校調査や経済建設常任委員会の農作物育成状況調査など各常任委員会の市内での現地調査が行われ、あわせて各種報告が実施されます。

 

〇総務文教常任委員会
1. 市内小中学校児童生徒数
小学校普通学級合計189クラス5459人、特別支援学級49クラス176人、教員数389.5人(再任用は0.5人換算)
中学校普通学級合計90クラス2883人、特別支援学級25クラス64人、教員数222.5人(再任用は0.5人換算)

 

2. 生涯活躍のまち整備事業(江別版CCRC構想)
生涯活躍のまち整備事業は大麻元町の札幌盲学校跡地に特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者住宅などを建設しようとする計画です。
地域再生法に基づく認定を受けるため、生涯活躍のまち形成事業計画が年度内に策定される予定です。
尚、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設それぞれ80床については来年度までの第7次介護保険事業計画に含まれており計画年度内での整備が期待されています。

 

3. 地方創生関係交付金
昨年度の国からの地方創生関連交付金は次の通りでした。
江別食品販売促進プロジェクト(673万円)、有給インターンシップ事業(607万円)、学生地域定着自治体連携プロジェクト(149万円)
地方創生関連は第1期の計画が今年度で終了しますので、2020年からの新たなまち・ひと・仕事創生総合戦略を年度内に策定する予定です。

 

4. 参議院選挙期日前投票所の設置
常設の市民会館に加え、札幌学院大学、酪農学園大学、北海道情報大学で期間中それぞれ1日期日前投票所が設けられました。


〇経済建設常任委員会
1. 農作物作付面積
今年度の市内の主な農作物の作付面積は小麦1340ha、水稲936ha、大豆540ha、ブロッコリー250ha、小豆155haなどとなっています。
小麦は全体の4割を占める基幹作物ですが、ここ数年は輪作による新規作物の導入により面積がやや減少傾向にあります。また、既に全道トップクラスであるブロッコリーは過去最大の作付面積となっています。


〇生活福祉常任委員会
1. ヒグマ対策
6/10-7/24にかけて野幌森林公園でヒグマの目撃情報が13件、フン・足跡が18件確認されました。江別でヒグマが確認されるのは78年ぶりとのことです。
6/14と6/21に関係機関との連絡会議を実施しています。
7/2にハスカップの農作物被害が発生したことにより駆除対象とみなし、7/11箱罠を設置しましたが、まだ捕獲できていません。今後、箱罠の設置場所を変更してみるなどが検討されています。
尚、7/18以降のヒグマの目撃情報はありません。

 

2. 市立病院の役割とあり方を検討する委員会
市立病院が担うべき医療、診療体制、経営改善、その他について審査・検討し市長に答申を行う外部委員会の市民公募委員募集が8/2まで実施中であり、第1回委員会を8月中旬に開催予定とのことです。
委員会メンバーは市側は入らず現在の経済健全化評価委員3名、江別医師会、札幌薬剤師会江別市支部、連合北海道江別地区連合、江別保健所、自治会連絡協議会、消費者協会からの推薦メンバー、民間病院の病院長、学識経験者、市民公募委員2名の13名が予定されています。

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
岡英彦LINE@
友だち追加
岡英彦メルマガ
登録はこちら
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM