<< 2019年(令和元年)7月の常任委員会 | main | 2019年(令和元年)8月の常任委員会 >>

江別市立病院の役割とあり方を検討する委員会(第1回)

江別市立病院が担うべき医療、診療体制、経営改善などについて検討し市長に答申を行う「江別市立病院の役割とあり方を検討する委員会」の第1回会議が8/16に開かれました。
現在、経営危機に陥っている市立病院の今後の行く末を決めることになる委員会と言っても良いものです。

 

委員会メンバーは市民公募委員と有識者の13名で構成されています(江別医師会・北海道看護協会・札幌薬剤師会江別支部からのそれぞれの代表、北大病院前院長、民間医療法人理事長、北大公共政策大学院客員教授、公認会計士、連合江別地区会長、江別保健所長、自治会と消費者協会の代表、市民公募2名)。

 

委員長はこれまでも市立病院経営健全化評価委員を務めて頂いており、西岡病院の理事長であり全日本病院協会前会長でもある西澤寛俊氏、副委員長は時計台記念病院院長・北大病院前院長の寳金清博氏が選出されています。

 

第1回会議では、江別市立病院の概況等の説明と協議の進め方について協議が行われました。
今後の協議について、市立病院のあり方を検討するためには、市内の医療需給を確認し地域の医療体制をどのように提供するのかを検討した上で、その中で市立病院がどこまでの役割を担うのかを協議する必要があるなどの意見が出されました。

 

現在のところ、事務局案としては、9月に地域医療の現状、10月に市立病院が担うべき医療に関する事項、11月に市立病院の診療体制に関する事項、12月に市立病院の経営改善に関する事項、1月に答申書の検討・取りまとめ、2月に答申の提出ということになっておりますが、協議内容は委員の意見により変更される可能性もあります。

 

第1回委員会資料はこちらから(zipファイルです)。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
岡英彦LINE@
友だち追加
岡英彦メルマガ
登録はこちら
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM