<< 岡英彦のガバナンス江別+「札幌学院大学のインターン生に聞く」 | main | 岡英彦のガバナンス江別+「新型コロナウィルス」 >>

2020年(R2年)3月の予算決算常任委員会(R2年度予算審査)

3/11から3/18にかけて令和2年度予算を審査する予算決算常任委員会が開かれました。
これまで予算と決算は特別委員会方式で、その都度委員会をつくる形でしたが、今回からは予算決算常任委員会として2年間の任期で予算と決算の関連をより意識して審査しようということになっています。

また、新型コロナウィルスの影響により、傍聴者なし、委員会室に入る説明のための職員数を可能な限り減らすという対応がとられました。

 

R2年度予算の総額は450億円で、R1年度予算比8.1億円減少。15年続いてきた江別の顔づくり事業(野幌駅周辺再開発事業)や消費税増対策のプレミアム付商品券事業の終了により減少しています。

 

主なトピックを紹介します。
尚、病院関連については別記事で別途、記載します。

 

〇大麻跨線人道橋
大麻駅の線路を跨いでいる人道橋ですが、老朽化のため架け替えが進められることになります。R2年度詳細設計、R3-R4人道橋製作、R5供用開始予定となっています。江別駅のように自転車が載せられるエレベータが付く予定です。

 

○ため池ハザードマップ
市内には西野幌の森林公園内に5ヵ所のため池がありますが、ため池の防災対策や災害時の被害軽減に役立てるための、ため池ハザードマップが作成されます。

 

○まちなか仕事プラザ
イオンタウン江別2Fに、主に女性とシニア層をターゲットとした就労支援施設が開設されます。市内企業の求人情報も提供されますが、セミナーや相談など就労のための支援をメインとした施設となるとのことです。

 

○環境クリーンセンター長寿命化
八幡にある江別のごみ処理施設の環境クリーンセンターは、R4で稼働より20年を経過することから、耐用年数を15年延長させるための取り組みを進めます。
R2年度は計画策定、R3発注仕様策定、R4-R7工事予定となっています。

 

○ごみ戸別収集
要介護1以上の高齢者や障害のある方で、ごみ出しが困難な方に対する、ごみの戸別収集が10月から開始予定となります。今後5月以降に申請受付開始、7月以降に説明会の開催が予定されています。スタート当初は市内で300人程度となると想定されています。

 

○病児病後保育
病児病後保育を頂く市内2ヵ所目となる施設が4月より東光町に開設される予定です。
1日当たり9名の定員を予定しているとのことです。

 

○保育士確保
保育士の人材確保のため教育・保育事業者へ、奨学金返済とアパート借上家賃補助に対し助成が実施されることになります。

 

○子ども医療費助成
通院の子ども医療費が小学1年生から小学3年生に対して拡大されます。
市民税課税世帯は1割負担、市民税非課税世帯は初診時一部負担金のみとなります。
札幌市もこの4月から小学3年生まで市民税課税非課税に関わらず初診時一部負担金のみとなる予定です。

 

○えぽあホール改修
H9年建設のえぽあホールの照明設備と舞台吊物装置は、既に生産が終了しており修理のできない設備もあるため、今後故障によりえぽあホールが利用できない状況を避けるために更新・改修を行います。

 

○小中学校ICT化
全教室への無線アクセスポイント、パソコン充電用の電源キャビネット(3クラスに1クラス分)を設置します。
また、教員用教務支援システムの導入も行います。

 

○江別駅前周辺地区土地利用の検討
旧江別小跡地については現在、利用について現在交渉中とのことであり、R2年度上半期中には交渉結果が明らかになる予定です。
また、堤防整備、江別駅前ロータリー・五差路整備、観光振興等の活性化は全庁的な課題として問題点等を整理中です。

 

〇市役所本庁舎耐震化
これまで自治会や商工会議所等と意見交換を行ってきたが、R2年度は一般市民向けにワークショップを開催する予定です。

 

○職員体制
上下水道・病院を除いた一般会計部門のR2年度の正職員数は740人(R元年度より+2人)、R2年度から会計任用職員という新制度が始まるこれまでの臨時・非常勤職員は599名(R元年度より+11人)となります。

 

○税収見込み
市税は126億円、R1予算比0.4%増と昨年度とほぼ同額と見込まれています。
国からくる地方交付税は103億円、R1予算比4.7%増と大きく増加する予定です。
結果として、財源の使途が特定されず自由に使える収入と言われている、一般財源総額は273億円と過去最高となっていますが、社会保障関連経費である扶助費の伸びに対応したものになっています。

 

○財政調整基金
ここ数年で病院への長期貸付のために使っており、H29年度末に21.6億円あったものが、R1年度末に9.6億円となっています。R2年度は3.1億円を使う予定です。
新たな積み立てがないとするとR2年末見込は6.5億円となり、市の貯金である基金は枯渇しつつあります。

 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
岡英彦LINE@
友だち追加
岡英彦メルマガ
登録はこちら
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM