<< 岡英彦のガバナンス江別+「北海学園大学のインターン生に聞く」 | main | 令和元年度(2019年度)病院の決算 >>

2020年(令和2年)9月の常任委員会

9月議会中の委員会で請願・陳情の審査などが行われました。


〇生活福祉常任委員会
1. 骨髄移植等により抗体を喪失した小児へのワクチン再接種費用を助成する制度創設を求める請願
10万人当たり3〜4人が発症するとされている小児白血病の治療のため、骨髄移植等を受けた場合、それまで獲得していた感染症などに対する抗体が失われるため、ワクチンの再接種が必要とされていますが、20万円近くかかる再接種費用は自己負担となっています。自治体の判断で助成制度を設けている自治体もあるため、江別市でも制度の創設を求める請願です。
委員会では、請願者による意見陳述が行われ、近隣市での実施状況や助成制度に対する国の動向などについての資料に基づいて審査が行われました。国による制度創設には時間がかかると考えられること、近隣市での実績が年間数件程度であることから、実施すべきなどとの意見が出され、全会一致で採択すべきものとなりました。

 

2. 新型コロナウイルス感染拡大における市民の健康を守るための対策を求める陳情
新型コロナウイルス感染症対策として、市内医療機関に発熱外来を設置すること、江別PCR検査センターの実施日時を増加し設置期間を延長すること、感染者差別偏見防止条例を制定することを求める陳情です。
委員会では、陳情者による意見陳述が行われ、発熱外来の設置状況、江別PCR検査センターの運営状況、感染者差別禁止についての資料に基づいた審査が行われました。市立病院などでは発熱者用の外来を実施しているが、発熱外来を標ぼうするのは時間と費用がかかり直ちに実施するのは難しい、江別PCR検査センターは延長の予定であり願意に沿っている、感染者差別のみを対象にした条例の事例はなく、また罰則規定を設けることは難しいなどの意見が出され、全会一致で趣旨採択すべきものとなりました。


〇総務文教常任委員会
1. 小学校体育授業中の事故
8/26市内小学校グラウンドにおいて体育の授業中、教師が小学6年生の腕を引っ張ったところ、転倒し鎖骨骨折と診断されました。
教員による体罰事故として報告、市内全校長に再発防止策の徹底を指導、保護者向け説明会の実施、スクールカウンセラーの派遣要請などの対応が行われています。

 

2. 林木育種場旧庁舎の活用事業者募集
民間調査として46団体が施設見学等を行い、事務所としての活用可能性が高い、集客施設としては難しい、改修費用を全て民間が負担するのは無理などの意見が出されてました。
今後、これらの意見を加味した募集要項に変更したうえで、10月から12月にかけて活用団体を募集し、12月中旬に選考委員会が開かれる予定です。


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
岡英彦LINE@
友だち追加
岡英彦メルマガ
登録はこちら
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM