避難準備情報と避難勧告と避難指示の違い

避難勧告や避難指示といった言葉はニュースでよく聞きますが、自分の住んでいる地域に避難勧告が出た経験があるという人は必ずしも多くはないと思います。

 

ところで、避難準備情報と避難勧告と避難指示の違いって何?

 

自治体(市区町村)が住民に避難を呼びかけるための情報が、「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」です。
国によると次のように説明されています。

 

発令時の状況 どのように行動したらいいか
避難準備情報 要配慮者(※)など、避難に時間がかかる方が避難を始めなければならない段階であり、被害の発生する可能性が高まった状況 ・要配慮者など、避難に時間がかかる方は、避難を始めてください。また、周りの方は支援を始めて下さい。
・通常の避難ができる方は、気象情報に注意し、家族との連絡非常用持出品の用意など、避難準備を始めて下さい。
避難勧告 通常の避難ができる方が避難を始めなければならない段階であり、被害の発生する可能性が明らかに高まった状況 通常の避難ができる方は、決められている避難場所などへの避難を始めて下さい。
避難指示 ・災害が発生しそうな兆候や現在の切迫した状況から、被害の発生する危険性が非常に高いと判断された状況
・堤防の近くや、お住まいの地域の特性などから被害の発生する危険性が非常に高いと判断された状況
・被害が発生し始めた状況
・避難中の方は、すぐに避難を完了して下さい。また、外が危険な場合は、自宅や近くの建物の2階などに避難し、屋内で安全を確保して下さい。
(内閣府のホームページより)

 

危険度の低い順に、避難準備情報 < 避難勧告 < 避難指示 となります。
このうち、 避難準備情報は平成16年の新潟・福島豪雨で逃げ遅れた人のおよそ8割が高齢者だったことを教訓に作られたものです。
避難勧告と避難指示はどちらがより危険度が高いか分かりにくいですが、避難勧告 < 避難指示です。

 

災害で大きな被害が発生した際には、避難勧告などを自治体がタイミングよく出せたか否かというのは常に問題になります。
内閣府のホームページに書いているように、自治体側がしっかりと準備をして、避難準備情報、避難勧告、避難指示を出せれば良いのですが、現実には、想定通り・訓練通りにはいきません。
避難勧告や避難指示が出なくても大きな災害が発生するケースがありますし、避難勧告と避難指示がほぼ同時にほとんど時間の余裕がなく出させるケースもあります。

現実には、避難準備情報->避難勧告->避難指示と時間的余裕を持って順番通りに出てから災害が発生するという方がレアケースかもしれません

 

自治体がしっかりできれば良いのですが、現実的には、市町村レベルでは災害に対する専門性と経験が不足していることは否めない事実です。どこの自治 体も職員は削減の方向であり専門家を育てるだけの余裕はありませんし、実際の災害は何十年に一度のことですので経験を積むことはできません。

 

また、避難情報は、TV・ラジオ・防災無線・エリアメール・広報車・SNSなどで伝えることになっていますが、ほとんどの市町村では全住民に情報を周知させる手段を持っておりません。

エリアメールは強力な手段ですが、携帯が不通になるケースもありますし、高齢者などは携帯を持っていないケースもあります。TVは市町村レベルの情 報を周知させるには不向きです。防災無線や広報車や夜間や大雨時などにはなかなか聞こえづらいです。コミュニティFMといったローカルのラジオは強力な手 段ですが、すべての市町村が持っているわけではありません。

そもそも、自治体側も災害時は混乱しておりまして、正確で十分な情報を入手しているとは限りません。災害が深夜に発生している場合に情報を正確にキャッチできるとは限りません。

 

従いまして、避難情報が常に適切に出るとは想定せずに、自分の住んでいる地域がどのような地域なのかをハザードマップなどで(これも作られていない 自治体が少なくありませんが)確認しておき、大雨の際などにどのように行動すればよいかを日ごろから確認しておくことがやはり重要になります。

 

国土交通省作成、水害時の対応に係る市町村向け啓発ビデオ

岡英彦のガバナンス江別+「北海道の台風と水害と防災」

第3回のガバナンス江別+は、この8月に北海道は過去に例のない回数の台風上陸と接近に見舞われ大きな被害が出ていることから、台風と水害、そして防災の話についてです。

 

 

 

放送内容のメモ

○北海道の台風

台風は北海道には平均年1.8回接近、上陸したのは1951年以降22回、直接上陸は4回。

この8月の2回の直接上陸、3回の上陸は初めての事態。
今回のように太平洋側から上陸する場合、被害が大きくなりやすい。
また、停滞した前線に台風からの雨が加わると、更に被害が大きくなりやすい。

 

○今回の台風による江別市内での雨量
8/16に1時間雨量40mm(過去最大)、8/17に24時間雨量80.5mmを記録。
市内にあるポンプ場の雨量計では1時間雨量最大75.5mmを観測。
通行止めになったのは、3丁目通(12号線〜鉄西線)、5丁目通(2番通〜4番通)、中原通(JR線下 アンダーパス)、9丁目通(野幌高校横〜インター線)、12丁目通(4番通〜インター線)、17丁目通(大麻ひかり町1付近丁字路)、 学田道路(昭和の森パークゴルフ場〜森林キャンプ場)。
中原通(JR線下 アンダーパス)が非常に雨に弱いことが判明した。

 

○石狩川の水位

8/20に石狩川下流氾濫注意情報と石狩川下流氾濫警戒情報発令。

8/21に石狩大橋で今回の最大水位5.33mを記録。

石狩大橋で氾濫注意水位である5.1mを超えたのはS56水害以降2度目。

8/23には深川市納内(おさむない)で石狩川が氾濫。

国土交通省の基準では石狩川上流は旭川市まで、石狩川下流は深川市から河口まで。

 

 

 

 

 


江別の防災情報まとめ

普段はなかなか自分事としては考えることができない災害対策について、江別の関連する情報をまとめてみました。

 

1. 防災情報提供サービス

災害のときに最も課題となるのがいかに情報を入手するかだと思います。

現在、江別市では気象情報や避難情報など緊急な防災情報を電子メール・電話・FAXで知らせるサービスが提供されています。

大変有用だと思いますので是非登録をしておきましょう。
また、テレフォンサービスとして、050−5533−8204に電話をすると自動音声で防災情報を確認できるサービスも提供されています。

 

2. 防災安心マップ

江別市が独自で作成している避難所や浸水想定区域を掲載しているマップです。

市内3地区に分かれてつくられています。

以前全戸配布されたものですが、江別市のHP上で確認できます。

 

3. 防災情報

防災安心マップの裏面に掲載されている災害時に役立つ知識や事前の対策の情報です。

こちらも江別市のHPから確認できます。

 

4. 揺れやすさマップ

マグニチュード6.9の直下型地震が起こった場合に市内がどれくらいの揺れとなるかを想定したマップです(クリックで拡大します)。

 

5. 土砂崩れ危険箇所

市内で土砂崩れの危険がある場所のマップです(クリックで拡大)。

 

6. 関連リンク

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
selected entries
広告
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM